読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いの大好き!読書感想文(映像・2ちゃん系もあり)

ホラー小説、ホラー映画、ホラー漫画、etc...。おすすめ作品の感想を綴ります。

モンタギューおじさんの怖い話

今回は児童書。

「モンタギューおじさんの怖い話」。

 

・・・あ、甘く見ちゃいけません。

いくら児童書だからって、しかも洋書だからって。

ぷんぷん。

 

とはいえ、実は私も読む前は

「えー、どうせゾンビとか、ポルターガイスト的な、ちょっと文化の差感じちゃうやつでしょw。しかも児童書ってw私怖がりたいんですけど〜〜www」

 

・・・なんて大変失礼な思想で手に取ったのですが、

いやぁ、怖面白かったです。

バカにしてごめんなさいm(_ _)m

 

 

そもそもこの本を手に取ったきっかけは、

表紙や挿絵のイラストがとてもセンス良くて◎

「ロバーツ・デイヴィッド」というイラストレーターさんです。

エドワード・ゴーリーに雰囲気がちょっと似てますが、

もうちょっと児童よりの愛らしさが残る感じ。

E・ゴーリーは、恐怖まっしぐらって感じ(笑)

 

 

お話戻って。

この本は、一見短編の集まりなのですが

全体を通してつながっています。

 

 

 

怖い話が大好きな少年エドガー。

古い洋館に1人で住む、モンタギューおじさんの家へ出かけます。

日差しの届かない森の中。

真っ暗な、ただただ広い洋館の中で2人きり。

遠くの方では獣の唸る声。

「さぁはじめようか。」

モンタギューおじさんは静かに、

怖いお話を語ります・・・。

 

 

 

クリス・プリーストリーさんはイギリス在住。

新聞でイラストも描いている多才な方のようです。

しかも、エドガーアラン・ポーの大ファンとか!!

 

 

でも、ポーの大ファンというだけあって

文がとても簡潔、とても綺麗。

児童書で、大人をもここまで「楽しま&怖がらせ」てくれるのは

やはり、この簡潔でいてまとまった構成にあるのではないでしょうか。

(偉そうにすみません。)

 

 

ちなみにこちらのシリーズは

この本を含めて3部でています↓

「船乗りサッカレーの怖い話」

「トンネルに消えた女の怖い話」

どれも一冊完結なのですが、

大元の筋があり、中に短編が挟まってくる、

という展開は同じです。

 

 

因みにちなみに、

私のイチオシ作品は「モンタギューおじさん・・・」の中の短編

「元ドア」「道」というお話。

・・・不覚にもぞくぅ〜〜っとしてしまいました。ははは。

 

 

 

いやぁ、ホラーって

古今東西いろいろありますが

本当にいいものですね!!

 

では、また次回。

シーユー☆

 

ーーーーーーーーーー

モンタギューおじさんの怖い話

クリス プリーストリー (著)

出版社: 理論社 (2008/11)

ISBN-10: 4652079419
ISBN-13: 978-4652079416
発売日: 2008/11

ーーーーーーーーーーー

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ ホラー・怪奇へ
にほんブログ村