読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いの大好き!読書感想文(映像・2ちゃん系もあり)

ホラー小説、ホラー映画、ホラー漫画、etc...。おすすめ作品の感想を綴ります。

玩具修理者(小説)

ホラー小説

「がんぐしゅうりしゃ」と読みます。

 

小林泰三さん作のこちらの小説は、

1995年、第2回日本ホラー小説大賞「短編賞」を

受賞しております。

 

うふふ。

角川ホラー文庫です。

 

私がこの作品を手に取ったのは、

高校生の夏。

とても暑い夏に、偶然近所の本屋で出会いました。

 

いやぁ、いい出会いでした。

うんうん。

 

というのも、

この小説のサビの部分。

ホラーMaxシーンが夏なんですね。

 

うだるような暑さ。

セミがミンミン鳴いて、

汗がベタベタと体中にまとわりつく夏の午後。

 

1人の少女が、ぐったりと動かなくなった弟を背負い

ある場所を目指します。

玩具修理者」と呼ばれる人の元へ・・・。

 

 

一体なぜ、彼女は「玩具修理者」の元を目指すのか、

一体なぜ、弟は動かなくなったのか。

 

そして一体、「玩具修理者」とは何者なのか・・・!!

 

 

うふふ。

気になるワードが盛りだくさんです。

 

 

玩具修理者」ってワードが、まず素晴らしいですよね。

「玩具」を「おもちゃ」に取り替えてみると・・・

あらまぁ。

ちっともそそらない。

ハートフルストーリーにありそうなタイトルですね。

 

 

私の「小林泰三さんが大好きだ!!」の理由の1つに、

タイトルのつけ方、っていうのがありまして。

パターンとして割と多いのが、

オンリー漢字タイトル。

 

 

今回の「玩具修理者」をはじめとして

「人獣細工」 「肉食屋敷」 「脳髄工場 」

短編集タイトルには「臓物大展覧会」なんてのも。

 

あれ?四字熟語のようですねw

 

でも、このタイトルが目の端に入ったら、

ホラー好きなら寄って行ってしまうでしょ?

「わぁお!なんて恐ろしそうなタイトルなんだ・・・じゅるり・・・」

 

 

こんなのもあります。

「AΩ」

 

・・・よめます?!

 

答えを書くとつまらないので、

気になる方はGoogle先生に聞いてみてください⭐︎

 

ちなみにAΩは、長編SFホラーです。

いいですよー!すっごく後味悪いですw

今度書きますm(_ _)m

 

 

なお、単行本「玩具修理者」の中にはもう一編

「酔歩する男」というのも、収録されており、

こちらはSFです。

タイムワープ系の。

これがまた、すごい作り込まれていて唖然とします。

 

 

読んでいてお分かりの通り、

小林泰三さんの作品は

スプラッター系が多いのですが、

(ハードSFや科学奇譚とも言われる)

それだけでは決して終わらない。

味わい深い文学作品です。

 

なんとDVDもでてます。わお・・・

田中麗奈さんと、美輪明宏さん(!?)が

出演されているようです。

 

う〜ん、なんか

観るの(別の意味で)怖いんですが

観ます。

 

 

今度ね。。。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

玩具修理者 (角川ホラー文庫) 文庫

小林 泰三 (著)

出版社: 角川書店 (1999/04)
ISBN-10: 4043470010
ISBN-13: 978-4043470013
発売日: 1999/04

ーーーーーーーーーーーーー

 

にほんブログ村 本ブログ ホラー・怪奇へ
にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ