読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いの大好き!読書感想文(映像・2ちゃん系もあり)

ホラー小説、ホラー映画、ホラー漫画、etc...。おすすめ作品の感想を綴ります。

御茶漬海苔作品(コミック)

私が御茶漬海苔さんの作品と出会ったのは、

小学校二年生の頃。

 

「惨劇館」という一話完結タイプの短編漫画が

「ハロウィン少女コミック」に掲載されているのを読み

小学二年生の私、大衝撃を受けました・・・

 

すごく独特なタッチで、

質感でいうとガサガサとした、

空気感でいうと殺伐とした

雰囲気をまとったイラストで

ためらう事なくスプラッター

 

ザックザックいきます。

 

 

ただ、先に述べたように、

なんだか乾いた雰囲気をまとっているイラストなので

すごく不思議な世界なんですよね。

 

また、スプラッターだけではなく

「ブツブツ」「虫系」「感染」「エログロ系」と

考え付く限りのキモ〜〜・・・を描いて下さっております。

素晴らしい。ありがたやm(_ _)m

 

 

最新だと「斬殺サーカス」

(SFスプラッター織田信長がクローン技術で

なんと現代によみがえります!!)

が、キンドルで配信されています。

 

 

因みに、

なぜか私はこの記事を書くまで

ず〜〜〜っと

御茶漬海苔先生は女だと思い込んでおりました。

画像検索してみたら、なんとおヒゲの似合う

ダンディーなおじさまでした。

ビックリ!!

 

因みにちなみに、

「惨劇館」は2011年になんと映像化されております。

 

・・・これ、まだ観てないんですが、観たく無いというか・・・

御茶漬海苔さんの作品が、現代の雰囲気で映像化って?!

どこまでの完成度なの。。。(@@;)

 

好きだから観たくない

好きだから観なくては

 

 

揺れております。乙女心。(アラサー)

 

ーーーーーーーーーーーーー

惨劇館 (1)

(講談社漫画文庫) 文庫 – 1996/7
御茶漬海苔

文庫: 378ページ

出版社: コミックス (1996/07)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062602474
ISBN-13: 978-4062602471
発売日: 1996/07

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

にほんブログ村 本ブログ ホラー・怪奇へ
にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ