読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いの大好き!読書感想文(映像・2ちゃん系もあり)

ホラー小説、ホラー映画、ホラー漫画、etc...。おすすめ作品の感想を綴ります。

残穢(小説)

ホラー小説

記念すべき最初の作品は、私の大のお気に入り

残穢

 

第26回山本周五郎賞を受賞したこの作品。

私が今まで手にしたホラー小説とは、テクニックも怖さも

一線を置くものでした。

 

 

まず、語り手の不明です。

「わたし」と称する名前も明らかにされない主人公(語り手)が、

実は作者の小野不由美さんではなかろうか?と推測できる書き出し。

 

読み進むにつれて「やっぱり!やっぱりそうだよ!!うんうん。」

と、読み手が勝手に主人公を現実の人とリンクしてしまい、

「じゃ、じゃぁ、この話って実話じゃ・・・。」

と思ってしまう臨場感、レポ感の濃さ。

 

これは、すごいですよ。

ど⭐︎素人の私が「うまいなぁ〜。」と唸るくらいだから

山本周五郎賞選考委員の方々も「ぐへー!」って

参ったんじゃ無いかな。

(そうだと嬉しい。わくわく。)

 

そして「恐怖の伝染」

字面にしてしまうと面白く無いですが、

恐怖が、感染ります。

 

「土地にまつわる恐怖」というテーマは

大島てるが流行ったということもあり

あまり珍しくなくなったテーマですが、

ある土地を母体に、恐怖が媒介していく、というお話は、

今まで読んだかな?

あ、呪怨があったか。

 

なんか「菌」っぽいんですよね。

このお話の恐怖は。(いや菌はでてきません。)

恐怖という病気が蔓延していくような。

いや〜な感じ。じっとりした。

 

そして最後に、とても静かな展開です。

「わ=!!」とか「きゃ==!」とかありません。

しずーかに物事が進み、しずーかに終盤へ向かいます。

この辺がポイントなんですよね。自分的には。

この空気のように流れていく、

なんとは無いお話のような流れが

より一層本当の話っぽく味付けされてるんですよ。(と私は思う。)

 

 

1つ、難点というか楽しみというか。

家(ファミリー)がたくさん登場します。

ので、頭がこんがらがりますw

私は、何度も何度も読むほど大好きな作品なので

表を書いて楽しみました!

まさか表を書く読者がいるなんて、

小野不由美さんも思わないでしょう。

ふふふ。

 

まったく、

こういったチマチマした作業をさせてくれる

小野さんの作品は、

 

はい、大好きです◎

 

ーーーーーーーーー

残穢」 

小野不由美 著

出版社: 新潮社 (2012/07)
ISBN-10: 4103970049
ISBN-13: 978-4103970040
発売日: 2012/07

ーーーーーーーーーー

 

 

にほんブログ村 本ブログ ホラー・怪奇へ
にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ