読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いの大好き!読書感想文(映像・2ちゃん系もあり)

ホラー小説、ホラー映画、ホラー漫画、etc...。おすすめ作品の感想を綴ります。

座敷女(コミック)

本日はコミックです。

望月峯太郎さん作

座敷女」。

 

私の中で、ホラーコミックではかなり上位に来る作品です☆

 

 

 

一人暮らしの男子大学生、森。

夜中に鳴り響く隣家のノック音。

たまたまドアを開けたその時から

森の理不尽な恐怖が始まる。

正体不明の大女「さちこ」。

異常な行動を繰り返す、この女の目的は、正体は。

 

 

 

 

連載当時(1993)、あまり認識されていなかった

「ストーカー」をモチーフとしたホラー作品で、

とても注目度が高かった作品です。

そして、その恐怖は今も(今だから)色あせることはありません。

 

 

・・・それにしても・・・

きっもちわるいぜ、サチコ。

 

不潔な長髪・ハゲたマニキュア・汚いトレンチコートに紙袋・・・

しかもその爪、ガジガジしてるし。

勘弁してくれよおい・・・

 

 

口裂け女」の話をベースにしていると言われ、

確かに、正体不明物体が、ランダムに人を恐怖に突き落としてゆく様は

「都市伝説」や「耳袋」的。

そこが色褪せずに愛されるポイントなのかもしれない。

うん。

 

 

こんな愛されキャラを作成しちゃう望月さん、素晴らしいです。

私の中のベストきもいキャラ堂々のトップですよ、サチコ☆

 

 

望月さんのコミックは、というか作風は

通して人物が、大変に個性的。

ドラゴンヘッド」に「バイクメ〜ン」、「桃尻女と鮫肌男」。

ホラーではないのですが、なんかみんな不気味w

鼻の穴でかいし。

 

 

一冊読みきり、ってところも評価高 ↑ ☆

これからも読み継がれていってほしいホラーでございます。

 

 

 

あぁ、ホラーって素敵☆

 

ではまた。

チャオ!

 

ーーーーーーーーー

座敷女 (ヤングマガジンコミックス)
望月峯太郎 

単行本
座敷女(1993年7月6日発行)
ISBN 4-06-319412-4

ーーーーーーーーーー

 

 

にほんブログ村 本ブログ ホラー・怪奇へ
にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ